●更新情報●
4/11:新しいページを追加しました!
パワーストーンと天然石の違い天然石の色天然石の形」についてのページです

私たちに親しまれるパワーストーン

満天の星空のもと運よく流れ星を見たとき、流れ星が消えないうちに急いで流れ星に願い事をしたといった経験はありませんか? 夜空に輝く星々も、地球と同じように宇宙に浮かぶ宝石、パワーストーンのようですね。 よく夜空を星屑のおもちゃ箱とか、惑星のビーズをちりばめたような、とかそんな風に表現する言葉があるのも納得です。 それくらいに、宇宙は神秘的なちからに満ち溢れており、私たちもまたそのおもちゃ箱のビーズのひとつである、地球という惑星にいる宇宙人なのです。

海外ではパワーストーンの力は他の太陽系惑星や月、もしくは我々の光の源である太陽から力を得ていると考えられ、 そこに属するといった考え方まであるようです。日本でも星座占いや誕生日占いに守護パワーストーンが紹介されることがありますが、 あれもそうした占星術が由来しているそうです。

願い事と神秘の力

パワーストーンについてアレコレと説明を始める前に、
まずは人類がどういう形で神秘的なパワーを扱ってきたかについてお話しようと思います。

夢や願いを叶えるといわれるものでは、他にもイタリアにあるトレビの泉の話を聞いたことがあるかと思います。 泉に背を向けて立って、コインを投げ入れた後願い事をすれば、同じように願い事が叶うと言われています。 日本国内でも、科学的根拠はないものの、なにか本当にそれが叶うような、不思議な力を与えてくれる場所をパワースポットと呼んだり、 そこへ行くことで起こるとされる幸運(または不運)を言い伝えや「ジンクス」などと呼んでいますね。 サッカーブームの年には海外からミサンガなんていうお守りも輸入されて大流行しましたっけ。 しかし大流行しているパワーストーンブレスレットと反して、今ではぱったりと、見なくなりましたね(笑) 他にも、何処の国のものなのか、何を願うものなのかわからずに雑貨屋などで「可愛いから」と買ってしまった幸運のアイテムなども、きっとあるでしょう。

これらの事象からわかるのは、古今東西を問わず、人類は常に願い事を抱え、それを叶えてもらうべく他の物に対して祈ってきたことです。 古代の人類の場合、狩猟民族なら狩猟の安全を、農耕民族なら豊作を願い、時には単に願い事をするというレベルに止まらず、 それがさらに崇拝、はたまた呪術という行為に発展しました。何故そこまでに強く願ったかと言うと、 古代は狩猟や農耕といった行為がそのまま彼らの生を約束していたからです。 農業や工業技術が進んだ現在と違い、農業や狩猟が古代人の「生業」そのもので、 そうしてそれらの無事、安全を祈る呪術行為も彼らの生活、しいては生命の一部分だったのです。

またこうした太古の時代、古代文明の中でもパワーストーンは神秘の宝石としてあがめられ、大切にされてきました。 人間は自身の理解の及ばないもの、作り出せないものに対しては強い執着心と実魅力を感じる動物なのですね。 ときの権力者の墓などから大量の宝石やパワーストーンをあしらった剣や防具、ブレスレットやアクセサリー、食器などのアイテムが発見されています。

石に託す思い

このように人類が崇拝の対象としてきたものの一つに石がありました。 石と言っても千差万別ですが、石の多くは地球の何億年にもわたる長い営みの中から生み出されたものです。 その中でも特に美しい形をしていたり、あるいは眩いばかりの美しい光彩を放つ天然石があれば、 人類はそれを一種の奇跡として崇めてきました。

そのように人類は古代から美しい天然石に神秘性とある種のパワーとを見出し、珍重してきたのです。 人々はそうした天然石に、人々の願いを叶えたり、健康や富等をもたらす力がある、と考えるようになりました。 いつしか生まれたこの天然石への憧れや信仰は、現代にも引き継がれています。 たとえば、日本でも式典の際は真珠や水晶のネックレスやブレスレットを使いますよね。 あれももともとは見た目を重視したわけではなく、祈りの儀式に扱う道具の一種を真似して始まったことだったそうです。

天然石パワーストーン

そういった遥かな歴史の流れを引き継いでいる天然石が、これからご紹介するパワーストーンと呼ばれるものです。 今ここにいらっしゃるみなさんは、このパワーストーンという言葉をきっと耳にしたことがあるでしょう。 また既にパワーストーンブレスレットや天然石のアクセサリーを幾つか持っている、使っていると言う人もいるでしょう。 人類は長い歴史の間ずっとこのパワーストーン・天然石を珍重し、愛し続けてきました。 それは現在でも変わらず、近年においては、オーダーパワーストーンブームが沸き起こっています。 例えば、最近で言えばパワーストーンや天然石のアクセサリーキットの人気がでてきています。自分一人しか持っていないオンリーワンを作りたい人も多いみたいです。好きなパワーストーンを組み合わせてブレスレットやネックレスにして愛着ある一点モノを身につけるだけで気持ちもかわります。そうして、長い時代を超えて、パワーストーンは人類を魅了し続けているのです。

現代、天然石・パワーストーンを扱うお店やネットの通販業界は爆発的に増え、昔は存在しなかったパワーストーンの専門店まで次々に誕生しました。 直接的に生活への影響を与えない、精神面を守ることがメインのパワーストーンが流行しだした事実は、それだけ私たち日本人が裕福になった証とも言えます。 また、宝石店でジュエリーを買うよりもパワーストーン専門店で天然石を買う方が安くて、品揃えがいいような気がするのもまた事実ですね。 これはパワーストーンを買いに来るお客さんの大半が、若い女性だというデータからもうなずけます。 もちろん品質の高い天然石などに関しては、決して宝石と比べて安いなんてことはありませんし、そもそもその「宝石」も れっきとした「パワーストーン」です。 ただ、宝飾用に使われる宝石の質はかなりいいものでないと「宝石」とは呼べないという、なにかブランドイメージに近いような高級嗜好的考えが働きます。

昔はもっと切実な、命に関わる願い事がメインだったでしょうが、現代における願い事といえば、おおよそが抽象的な、 命の危機とはまるで無関係なものがメインになります。 主な願い事、パワーストーンの効果としては恋愛成就・商売繁盛・立身出世・独立起業・一発逆転・精神安定・家内安泰・健康長寿など、 みためがいいので四字熟語でならべてみましたが、つまりはお守りなんかと同じ扱いをされているわけです。 こうした「願い」は言ってみれば人間の「欲望」そのものともいえますから、パワーストーンの穢れがひどくなるのもうなずけます。

人の邪気を吸収してくれる天然石

過ぎた欲は人を滅ぼすと言われますが、まさにその通り。なにごとも中庸を心掛けられないなら、いつかは必ずしっぺがえしを喰らう羽目になるでしょう。 そんな危険やトラブルから私たちを守ってくれるとされているのが、さきほどから何度も名前の出ている天然石、パワーストーンです。 これらの石は大自然からの恵みです。 はるか広大に広がる大地のごとく、私たちの心を洗い流し、清めてくれる効果を持っています。

しかし天然石は、私たちの手元に来るときには既に大地から切り離され、人の手によって加工されていますよね? もとあった場所でふんだんに自然のパワーを蓄えられる状況とは違い、私たちが使う間パワーストーンのちからは放出される一方になってしまいます。 そんな疲れてしまったパワーストーンに再度自然の力を戻す作業を浄化と言います。

⇒ 次はその天然石 パワーストーンの浄化についての説明です。

コスプレ衣装なら

名刺の印刷

おしゃれなシャンデリア

防災用品を通販で揃える